<< 減価償却とは? | main | 法人税の税率と計算方法 >>

損益計算書の見方

損益計算書には4つの利益が表示されます。

これら4つの利益はそれぞれが異なる角度からの会社の経営成績を表しています。

この4つの利益がどのようなものであるかを学び、損益計算書を簡単に読めるようにしていきます。

(売上総利益)
 粗利益と呼ばれるおおもとの利益が計上されます。
 売上高ー売上原価=売上総利益

(営業利益)
 純粋な営業活動に基づいた利益のことです。
 売上総利益ー販売費一般管理費=営業利益
 販売費一般管理費・・・・従業員給与、旅費交通費などの営業活動に基づく費用のこと

(経常利益)
 会社の通常の営業活動に基づいた経常的な利益のことです。
 営業利益+営業外収益ー営業外費用=経常利益
 営業外収益・・・・受取利息や雑収入などの本業以外の経常的な収益
 営業外費用・・・・支払利息や雑損失などの本業以外の経常的な費用

(税引き前利益)
 会社の活動による最終的な利益。
 これから法人税等を引いたものが、当期利益となります。
 経常利益+特別利益ー特別損失=税引き前利益
 特別利益・・・・土地売却益などの突発的な利益
 特別損失・・・・土地売却損などの突発的な損失
 
損益計算書を見て会社の経営成績を判断する上での最大のポイントは、経常利益がどれくらい発生しているかです。金融機関もこの経常利益を最重要視します。

なぜなら、経常利益は本業による利益なので、この経常利益によって会社が上手くいっているかどうか分かるからです。

金融機関等もこの経常利益を最重要視します。

臨時的な支出などは、できるだけ特別損失に計上して経常利益をできるだけ黒字に持っていけるようにすると良いでしょう。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:07, 森川大史, 簿記・経理

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。