<< 仕入と商品って違うの? | main | 決算とは? >>

仕訳ができたら転記しましょう!

転記とは仕訳を勘定に書き写す作業です。

仕訳が完了したら、総勘定元帳(すべての勘定科目の元になる帳簿)に書き写します。

転記の仕方ですが、仕訳をそのまま勘定に写します。

仕訳の右側(借方)に記入した勘定科目と金額は、総勘定元帳のその勘定科目の左側(借方)に記入します。右側(貸方)も同様です。

では、具体的な取引について、実際に転記をしてみましょう!

  兵據忙兎 100 / (貸)普通預金 100

◆ 兵據防當麺其癲。横娃亜/ (貸)売上 200

 (借)普通預金 300 / (貸)借入金 300

ぁ 兵據望談徂僻顱。隠娃亜/ (貸)普通預金 100

ァ 兵據望ι福。隠娃亜/ (貸)仕入 30 ⇒ 決算整理仕訳


        


勘定科目の借り方に記載された金額の合計額を借方合計、貸方に記載された金額の合計額を貸方合計、借方合計と貸方合計の差額を「残高」といいます。

この各科目の「残高」を集計すれば貸借対照表・損益計算書が完成します。


法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:29, 森川大史, 簿記・経理

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。