<< ミヒャエル・エンデ 『モモ』 | main |

息子の借金

日本では、「お金の教育」が不足しているように思います。

 

 

小さいころから金融リテラシーを身に付けておけば、必ず将来役立つはずです。

 

個人的には、学校でこそ、「お金の教育」を導入すべきだと思います。

 

先日、あまり物をねだらない長男が、

 

「プレイステーションVitaが欲しい!」

 

 

と言うので、いい機会だと思い、

 

「じゃあ、1万円貸してやるから、それを使って買ったら?」

 

と提案してみました。

 

返済方法・返済期間・利息の計算方法etcを一通りレクチャー。

 

小学6年生の長男にとっては、1万円は大金です。

 

すぐ手にできる喜びと借金するという不安が襲ってきたようでしたが、結局は1万円借りて購入することに。

 

その晩、アマゾンで早速注文。

 

「あぁ〜、1万円も借金してしまったぁ〜。」

 

と少しびびっていましたが、これこそがいい経験だと思うのです。

 

日常においても、

 

・銀行から住宅ローンを借りる

・クレジットカードを使う

・保険に入る

・日々の家計管理

・携帯電話の契約

 

これらのサービスの中にも損をさせるような罠が隠されており、

 

もし、金融リテラシーがなければ、いとも簡単に丸め込まれてしまいます。

 

金融の仕組みを日常生活を通して、少しづつ子供たちに伝えていこうと思っています。

 

 

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 14:26, 森川大史, お金

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.zeimori.jp/trackback/548