<< 研修に行ってきました! | main | 一人で川へ >>

対前年比をチェックしておきましょう!

事業を行っていると、様々な支出が発生します。

それらの支出を仕入や給与、交際費とか広告宣伝費、通信費などの「科目」に分類していきます。

節税するときに、必ずチェックしておいてもらいたいポイントがあります。

それは、「対前年比」というやつです。

たとえば、第1期の会社では関係ありませんが、すでに5年、10年と事業を継続してきた会社では、必ず前年度の決算書と比較しておきましょう。

「利益が予想外に出てしまい、節税したい思いが強すぎて、交際費が前年と比較して何倍にも膨れ上がってしまった!」

という決算内容では税務署に怪しまれてしまうのがオチです。

税務署は、決算書の数字を前年、あるいは前々年と比較してチェックしています。

経費の割合が、通常の年に比べて異常に多い、あるいは極端に少ないといった異常が出ているようなら、必ずその理由を事前に把握しておいた方がよいでしょう。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 13:14, 森川大史, 節税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。