<< 広島市の土砂災害で思うこと | main | 相続専門サイトを立ち上げました >>

中古車買うなら4年落ちのものを!

新車の普通車の耐用年数は6年。

6年間かけて少しずつ減価償却費していくことになります。

高級車だって同じこと。

カローラだってベンツ新車なら耐用年数は、同じ6年です。

ですが、節税のみを考えるなら、中古車の方が断然お得。

中古車の耐用年数は、古くなればなるほど短くなります。

1年落ちで5年、2年落ちは4年、3年落ち3年、4年落ち以上は2年とまぁこんな感じです。

これを見れば分かるように、4年落ち以上のものであればたった2年で車の購入金額を全額経費にできるのです。

どうです?すごいですよね。

「4年落ちで、状態もよく、いい値段のする中古車」

こんな車が節税には最適。

定額法なら1年目と2年目にそれぞれ半額ずつ減価償却費になります。

そして、なんと定率法にすると1年目に100%減価償却できちゃいます。

ですが、これは1年目の償却月が12カ月の場合です。

期の途中で購入した場合は、月割りになりますので、ご注意を。

少しでも多く償却費を計上したければ、できるだけ早めに購入して下さいね。

ちなみに、会社で使う営業車がベンツだろうがBMWであろうが問題ありません。

ですが、やはり社会通念上、常識の範囲内でという考えはついてまわります。

普通の会社が、数千万円もするフェラーリやランボルギーニを社用車として購入するのは、無理があるでしょう。

数千万円もする高級車を会社で計上するには、それなりの理由が必要になりますので、覚えておいて下さい。

それでは。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 08:49, 森川大史, 節税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。