<< 税務調査に対応してきました | main | 「キングダム」にはまっています。 >>

交際費と福利厚生費

税理士「この○○屋の飲食代の領収書、交際費でいいんです?」  

社長 「いや、それは従業員の歓迎会をしたときのやつなんで、福利厚生費でお願いします。」  

税理士「了解しました。それじゃ、福利厚生費で処理しておきますね。」  

会話の中に交際費と福利厚生費が登場しましたね。

では、なんで税理士と社長は、このような会話を交わしたのでしょうか?

それは、税務上では、交際費と福利厚生費はその扱いが異なるからです。

中小法人の場合の交際費の取り扱い (原則として、資本金1億円以下の会社が該当)

下記,△料択適用になります。

 800万円を超える金額は損金にならない。
◆^食のために支出する費用の50%を損金に入れる。あとは損金にならない。
※ 飲食のために支出費用には、専らその法人の役員、従業員等に対する接待等のために支出する費用(いわゆる社内接待費)を含まない。

となっています。

つまり、交際費になれば、上記のルールに従う必要がありますが、福利厚生費となれば、そんなことに縛られる必要はなくなります。

と言っても交際費も800万円まで全額損金算入なんで、小さな会社では、交際費だろうが福利厚生費だろうがあまり変わらないかもしれませんが・・・・。

なお、「交際費と福利厚生費の区分」として国税庁のHPでは、

交際費等とは、得意先や仕入先その他事業に関係のある者に対する接待、供応、慰安、贈答などの行為のために支出する費用をいいます。
ただし、専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行などのために通常要する費用については交際費等から除かれ、福利厚生費などとされます。
また、社内の行事に際して支出される金額などで、次のようなものは福利厚生費となります。

(1)創立記念日、国民の祝日、新社屋の落成式などに際し、従業員におおむね一律に、社内において供与される通常の飲食に要する費用

(2)従業員等(従業員等であった者を含みます。)又はその親族等のお祝いやご不幸などに際して、一定の基準に従って支給される金品に要する費用  (例えば、結婚祝、出産祝、香典、病気見舞いなどがこれに当たります。)

う〜ん、なんだか小難しい文章ですが、参考にしてみて下さいね。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 08:36, 森川大史, 節税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。