<< サッカー三昧 | main | 収穫! >>

お金のかかる節税 その

「お金のかかる節税」

文字通りお金がかかります。

では、そのお金をどこにかけるのか?

これが問題です。

たとえば、お金をかける先としては、大きく分けると次の2つに分類できます。

_饉劼了饂困箸靴道弔襪茲Δ覆發
⊇抄醗への利益還元

まず,任垢、新しい設備を導入して生産性をアップさせたり、 生命保険に従業員や役員を加入させたり、 高級外車の購入して社用車として使用する方法などが考えられます。

一方、△僚抄醗に利益還元する方法ですが、 従業員に決算賞与を出す、 社員旅行を行う、 従業員に社宅を用意する等の方法が考えられます。

ただし、これらすべての支出が、無条件で福利厚生費として損金計上できるわけではありませんので、注意しておいて下さい。

たとえば社員旅行ですが、、社員旅行として成立させるためには、おおまかに言って次のような条件を満たす必要があります。

。看顳菊以内(海外旅行の場合は現地での滞在時間)
∋臆端圍毅亜鶲幣
2饉劼良蘆干曚I人当たり10万円程度以内であること
の更圓量榲、規模、行程が一般的であること
ゼ己都合による不参加者に現金を支給しないこと

これらの条件を満たしていないと、福利厚生贄にならず、社員に対する給与とみなされて、社員に所得税がかかってしまうケースも・・・。

さらに、役員の場合は、役員賞与として損金にもできません。

怖いですね。

「そんなの知らないよ。社員旅行なんだからいいじゃん!」

なんてこと言っても認めてくれません。

損金に算入できる条件をきちんと理解して、賢く節税励むようにしたいですね。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 07:50, 森川大史, 節税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。