<< 節税=「利益」のコントロール | main | お金のかかる節税策 >>

お金のかからない節税策

利益をコントロールして節税するためには、経費を上手くコントロールしなければいけません。

節税には、

●お金がかかる節税策
●お金がかからない節税策

の2種類があります。

とかく節税対策というと、お金のかかるものがほとんどです。

経費を増やすためには、従業員に賞与を支給したり、備品を購入したりするのが通常ですが、そのためにはコストがかかります。

なので、「お金のかかる節税策」を考える前に「お金のかからない節税対策」を考えるべきでしょう!

お金のかからない節税対策の原則は、ズバリ「含み損のある資産の処分」。

つまり固定資産を取り除き、費用とすることにあります。

まずは貸借対照表の資産の部をチェックしてみましょう。

資産科目の中には売掛金、未収金、建物、器具備品や機械装置、さらにはゴルフ会員権、ソフトウェアなどいわゆる資産が列記されているはずです。

これらの中に、回収できそうもない売掛金や未収金、既に存在していない固定資産が、貸倒処理や除却処理されずにそのまま決算書に計上されていませんか?

これらを貸倒処理あるいは除却処理するだけで、まったくお金はかからないで節税になります。

覚えておいて下さい。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:45, 森川大史, 節税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。