<< タイムリーな記帳をお勧めします。 | main | 日本代表、残念でした。 >>

源泉所得税の納付期限は、7月10日です。

給与支給する時に引いている源泉所得税。

この源泉所得税の納期をご存知でしょうか?

従業員10人以上の会社は、給与の支払日の翌月の10日に納付しなければいけません。

それに対し、従業員10人未満の会社は、源泉所得税の納付を7月10日と1月20日の年2回にすることができます。

これを納期の特例と言います。

もうすぐ6月も終わり、7月10日近づいていますよ。

源泉所得税の納付、お忘れじゃありませんか?

この源泉所得税、一日でも納期を送れると不納付加算税という罰金が待っています。

「不納付加算税は、原則10%、自主納付による場合は5%」です。

源泉所得税って厳しいんです。

7月10日までに遅れずに納付しましょう!

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 17:44, 森川大史, 年末調整

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。