<< 嬉しいお言葉 | main | イチゴができました! >>

税務調査の可能性

税務調査の確率 事業を行っているかぎり、税務調査が行われる可能性は常にあります。

ですが、すべての事業者に定期的に税務調査があるわけではありません。

だいたい、税務署の人数はそんなに多くないので、すべての事業者を回る事なんてそもそも不可能。

税務署の仕事は、たくさん税金を取ってくることなので、調査に行く事業者を選ぶ際には、「追徴税額が発生する可能性が高いもの」が優先されます。

では、何を見て「追徴課税が発生するだろう」と判断しているのでしょうか?

それは、提出されている申告書です。

例えば、

’箴紊増加しているのに、利益がそんなに出ていない

∩闇と比較して原価率が大きく上昇している

E垢繁盛しているようだが、申告内容ではそれほど売り上げが多くない

で間の人件費が800万円から1600万円に大幅に上昇した

特にい里茲Δ淵院璽垢任蓮架空の人件費を疑われます。

疑われたとしても、それが正しく処理した結果であれば何の問題もないんですけどね。

もし、不正をした結果、上記のような申告書が出来上がってしまったら・・・・・・、

調査が来るかもしれません。

不正だけはやめておきましょう。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 10:00, 森川大史, 税務調査

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。