<< 手紙 | main | 領収書等をなくした場合の確定申告 >>

所得税で世帯課税を導入!?

今朝の日本経済新聞に気になる記事が載っていましたので、ご紹介します。

〜以下記事一部抜粋〜

所得税、抜本改革を議論

安倍政権は成長戦略の一環として、子育て世代への支援や女性の活躍の場を広げる政策を重視している。
政府・与党は近く政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)や自民党の政務調査会などで、世帯課税の導入や配偶者控除の見直しの議論に着手。
6月にまとめる新しい成長戦略に具体策を盛り込むことをめざす。

少子化対策として取り組む世帯課税は、夫や妻、子どもら家族全員の所得の合計から世帯の課税額を計算する方式を検討する。
所得の総額を家族の人数で割って1人当たりの所得をはじき出し、この額の税率を適用して家族全員分の税額を出すやり方だ。

すでに導入しているフランスでは、大人を1、子どもは0.5(第3子以降は1)として世帯の人数を計算する。
夫婦と子ども2人の4人家族なら3で所得総額を割った額が課税対象になり、個人の所得に課税する場合より低い税率が適用される。

例えば夫がサラリーマン、専業主婦、所得のない子ども2人の世帯をみると、今は所得控除を考えなければ、夫の課税所得が1000万円なら上限税率が33%で、税額は約180万円。フランス方式の世帯課税にすると、所得総額を3で割り課税対象になる1人当たりの所得は333万円に下がる。
かかる税率の上限は20%で、世帯の税額は72万円に抑えられる。

さらに子どもが3人なら、4で割るため、1人当たりの課税対象所得は250万円まで下がる。
税率は10%が適用され、世帯の税額は60万円になる。
子どもが多いほど所得税が軽くなる仕組みで、子育て世帯の税負担が減り少子化対策に役立つとされる。

〜終わり〜

世帯課税。

聞きなれない言葉ですが、この計算方法でいくと確かに少子化対策にはなるかもしれません。

フランスでは、実際にこれで計算されているようですし。

でも、日本でこの方式を導入するのは、正直言って難しいような気がします。

だって、すべての国民が確定申告してるわけじゃありませんから。

ほとんどの人は会社で年末調整してもらってるだけで、確定申告なんてしていません。

年末調整の時点で世帯課税なんてできっこありません。

「年末調整で世帯課税をしろ!」なんてことになったら・・・・・・・・、

考えるだけでゾッします。Docomo_kao20

この問題、解決できる方法はあるのでしょうか?

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:43, 森川大史, 確定申告

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
if, 2014/03/08 6:39 PM

フランス在住です。確定申告といっても、普通のサラリーマンならインターネットでワンクリックですよ。
給与データは会社から、利子収入などは銀行からすでに税務署に連絡済みなので、数字を入れる必要さえないです。。

mori, 2014/03/09 9:44 AM

ifさん、ありがとうございます。
まさかフランスからコメントが入るとは。おどろきです。
フランスではそうなんですね。
それなら世帯課税も納得です。
日本での導入は、現実的に難しいような気がします。










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。