<< 控除の意味、分かってますか? | main | 忘れられない日 >>

法人と個人では税金の計算方法が違います。

法人成りを検討したことありませんか?

「法人と個人どっちが得か?」ということを検討するなら、法人税と所得税の計算方法の違いを理解しておきましょう。

法人の税金は、大雑把ですが以下のようにして計算されます。

    (売上−経費)×法人税率=法人税

これだけ見ると、個人事業者と同じように見えますよね。

個人の場合、売上から経費を差し引いた残額は全部が、その人の所得となります。

一方、法人の場合、売上から経費を差し引いた残額は、経営者の所得にはなりません。

法人の利益はあくまで法人のもの。

これには法人税が課税されます。

「じゃあどうやって経営者は生活するの?」ってなりますよね。

答えは、「法人から役員報酬をもらう」です。

この役員報酬、上記の式の経費の中に含まれることになります。 

経営者の報酬は、会社の経費に計上できるので、会社の経費をうまく調整すれば法人税がお安くなります。

逆に、法人が赤字なのに役員報酬を出し過ぎると、その経営者は無駄に多くの所得税・住民税を払う羽目に。

だから、事業全体のバランスを考えて、丁度いい金額で役員報酬を決めると良いでしょう。

まぁ、言うのは簡単なのですが、法人の売上を毎期完璧に予想するのが一番難しいのですが・・・

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:42, 森川大史, 会社設立

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。