<< 年末調整ってなに? | main | 松木大先生のサッカー解説 >>

国民健康保険と国民年金の控除をお忘れなく

年末調整では、『給与所得者の扶養控除等…』と『給与所得者の保険料控除申告書…』の用紙2枚を事業所に提出します。

このうち、『給与所得者の保険料控除申告書…』の端の方に社会保険料控除の欄があります。

国民健康保険・国民年金をお支払の方、必ず忘れずにこの欄にお支払の金額を記入しましょう。

そうしないと所得税・住民税おまけに国民健康保険料まで無駄に多く払うことになりますよ。

別に脅しているわけじゃありません。(´∀`)

皆さん、生命保険の控除証明書はやたらと提出してくるのですが、この国民健康保険・国民年金の方は忘れがち。

両方とも忘れないのがベストですが、どうせ忘れるなら生命保険の方を忘れましょう。

生命保険料控除の方が、所得税・住民税・国民健康保険料への影響が少ないのです。

これらの控除を受ける要件ですが、国民年金・生命保険は控除証明書が必要となります。

一方、国民健康保険の方は、その年に支払った金額さえ記入しておけばOK。

金額が分からなければ、お住まいの市役所や役場へ問い合わせれば簡単に教えてくれます。

たったこれだけのことで、大きく税金が変わりますので、やらなきゃ損ですよ。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 09:37, 森川大史, 年末調整

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。