<< いい試合みせてもらいました。 | main | 小規模企業共済に入って節税しよう! >>

固定資産税の見直しできず。

昨日、依頼を受けていた「固定資産税の見直し」のため区役所へ。

こちらが見つけた減額要因を区役所に提示させていただきました。

担当者が不在だったので、その場では提示だけすることに。

そして、本日区役所から電話がありました。

肝心の結果なんですが、こちらの主張を認めてもらえませんでした。ショボン

我々の主張を通そうとすれば、新たに計算し直しして、税金が多くなるとの回答でした。

というのも、区役所もできるだけ納税者有利で評価しているみたいなのです。

それで、こっちの都合のいいように減額の主張だけをした場合、

区役所としては納税者有利に計算していることも含めて評価をやり直さなければいけないというのが、相手側の主張でした。

そうなると、確かに固定資産税が増えてしまい、何のための申請か分なくなっちゃいます。

減額要因の根拠には自信があったので残念ですが、ここは、引き下がったほうが無難なようです。

ただ、得られたものも多くありました。

・交渉の経験を積めたこと
・区役所側の評価方法が分かったこと
・お客さんの評価が正しくされていること

これらのことは、やってみないと分かりませんから!

もっともっと経験が必要です。


 

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 12:35, 森川大史, 固定資産税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。