<< 税務署に相談に行く時の注意事項 | main | いい試合みせてもらいました。 >>

利益は目的ではない。

「企業とは何かを問われると、たいていの企業人が利益を得るための組織と答える。たいていの経済学者もそう答える。この答えは間違いであるだけでない。的外れである」
(『現代の経営』)
 私自身、ずいぶんたくさんの経済人にお目にかかってきたが、利益のために働いているという人は一人もいなかった。
 利益を目的とする「利潤動機」なる概念が存在するから、利潤至上の反社会的な企業活動が行なわれ、健全な企業活動への反感が生まれるし、個人犯罪と企業犯罪の混同が起こる。しかしドラッカーは、心理学にさえ利潤動機などという概念が存在しないと指摘する。
 じつは、利益は企業の目的ではなく、存続の条件であり、明日もっとよい事業をするための条件なのである。しかし、条件とされるほうが、目的とされるよりもきつい。
 しかも利益は、事業における行動や意思決定の妥当性の尺度である。もちろんそれは、社会を支える税源でもある。ドラッカーは、「たとえ天使が社長になっても、利益には関心をもたざるをえない」と言う。
 「利益計画の作成は必要である。しかしそれは無意味な常套語となっている利益の極大化についての計画ではなく、利益の必要額についての計画でなければならない。その必要額は、多くの企業が実際にあげている額はもちろん、目標としている額をも大きく上回ることを知らなければならない」
(『エッセンシャル版マネジメント』)

税理士ならだれでも知っている「費用収益対応の原則」。

期間収益と期間費用との差額が利益であるというあれです。  

「会社は、利益を得る事を目的に存在している。」と普通に人は理解しています。

 ですが、ドラッカーは全く逆のことを言っています。

利益は「目的」でなく、企業が存在するための「手段」であると。

企業存続のために利益は大切であるが、それは「手段」であり「目的」ではない。

利益のみを追求するとコスト削減やリストラといったマイナスなイメージしか浮かんできません。  

しかし、利益を企業が存在するのための手段と考えれば、正当な利益を確保することは、さらに良いサービスを提供するための原資だと理解できます。

正当な利益をさらに良いサービスへと変換し、それを顧客に還元できる訳ですから。

手段と目的を見誤らず、利益追及に走ってはいけないということでしょう。

自戒の念を込めて。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 16:55, 森川大史, ビジネス

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。