<< 税務調査の折衝 | main | 廿日市市で固定資産税の課税誤り >>

広島東区役所の課税課にて

先日、広島東区役所の課税課へ行ってきました。

相続税の申告を依頼してもらっているお客様の固定資産税の計算内容の問い合わせです。

そのお客様が所有されている土地は安芸区にあるのですが、10月より管轄が東区役所へ移ったみたいなのです。

言い換えれば、東区役所の管轄が広くなったということ。

さらに、公務員の数は減らしているそうです。 管轄が広くなり、職員の数も少なくなっていいる。

そのことを職員さんと話ていると、

「先生、この状況どう思います?」

と逆に質問されてしまいました。

このような状況で固定資産税の計算を全て完璧にできているとは到底思えません。

かといって、納税者自身で間違い指摘して減額してもらうのは不可能に近いでしょう。

そこは絶対に専門家に任せるべきだと客観的に考えてもそう思います。

もし、間違いがみつかれば・・・・・、固定資産税が税金が安くなります。

さらに、相続税だって安くなる可能性もあります。

一度で二度おいしいとは、まさにこのこと。

「固定資産税の見直しサービス」の可能性を大いに感じることができた一日でした。

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 16:42, 森川大史, 固定資産税

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。