<< 相続に不安 3人に1人 | main | 盆休み >>

消費税改正法案

平成24年8月10日に消費増税法が成立しました。

この法案が成立したことで、消費税率が2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げられることが決まりました。

いろいろと紆余曲折あって、ついに法案成立となった訳ですが、なんとも腑に落ちない感じがします。

私は、本当に今、消費税率を引きあげなければいけなかったのかということに疑問を感じています。

現在、日本経済はデフレで苦しんでいます。ここで、消費税を増税すれば消費が冷え込みさらにデフレが悪化するのは目に見えています。

しかし、テレビやニュースを見ると、「日本をギリシャのようにしてはいけない」だの「国が借金まみれで破綻する」だの不安を煽るニュースや記事ばかり・・・・。

日本の信用悪化によって日本国債の金利が上昇して、国の借金が膨れ上がると困るので消費税をいつか増税しなければいけないのは理解できます。

ただ、引き上げまでの時間的な余裕がないのかということに疑問を感じているわけです。

消費税を上げるよりは、デフレ脱却を第一優先すべきだと思うのですが・・・・・。

低所得者向けに給付付き税額控除を導入するとか軽減税率を適用するとか、まだまだ問題も山積みのようです。

民主党は、野党の時は消費税は上げないと言っていたのに、今ではこの有様。

こんな政党に国の運営を任せていたらとんでもないことになるような気がします。(原発再稼働の対応も含めて)

こんな嘘つき政党は消えて欲しいです。(自民党も似たりよったりですが・・・)

法人・事業主の確定申告と相続税を専門とする税理士事務所です。
若さを生かして明るく誠実に対応させていただきます。

サポート地域 :中国地方(広島県/山口県/岡山県/島根県/鳥取県)

法人・事業主の確定申告 お任せコース

個人確定申告代行サービス

創業融資サポートサービス

会社設立安心パック

相続税が心配な方へ

相続税診断サービス

固定資産税見直しサービス

税務調査でお困りの方へ

税理士への無料相談

ふつうの家庭の相続税.com

at 16:21, 森川大史, 税制改正

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。